フットサルのルール|エクシオのフットサル婚活パーティー

HOME > フットサル基礎知識 フットサルのルール

フットサル基礎知識 フットサルのルール

フットサルを始めるなら、ルールは知っておかなければなりません。
しかし、公式のルールブックにはとても細かく書いてありますので、ここでは最低限知っておくべきルールをご説明します。

ピッチ、用具について

■ピッチの大きさ(フットサルではコートのことを『ピッチ』と呼ぶ)

ピッチ 縦:25~42m 横:15~25m
ゴール 横:3m x 高さ:2m
ペナルティエリア ゴールの外側から6mの1/4円孤で囲み、ゴール正面は直線となる。
交代ゾーン センターラインから自陣ベンチ前に5m進んだところからベンチ前の5mの間(交代ゾーン以外から入退場すると警告の対象)

■ボールについて

外周は62~64cm、重さが試合開始時に400~440グラム、
空気圧は0.4~0.6気圧。 サッカーボールの4号球と同じ大きさで、若干重めに出来ている。
また、バウンドが抑えられるような構造になっている。

■身に着けるもの

メガネやネックレスなど、自分自身や相手プレイヤーの危険となるものは、身に付けてプレーしてはいけない。
シューズはスパイクは禁止。屋内では、底が白かあめ色を使用、突起があるものは使用不可。

審判、試合時間

■審判

主審・第2審判・第3審判・タイムキーパーの4名で進行する。
タイムキーパーがいないときは主審がその責務を負う。
主審と第2審判で判定が分かれたときは、主審の決定が優先される。

■試合時間

公式ルールでは 20分ハーフのプレイングタイムで進行する。(プレイングタイムとは、ボールが外に出たり、審判の笛で止まる度に時計が止まることをいう)
両チームとも全後半1回ずつのタイムアウトをとることが出来る。

試合の開始方法、インプレー及びアウトオブプレー

■インプレー及びアウトオブプレー

ボールは、次のときにアウトオブプレー(ゲームが止まっている状態)となる。
地上、空中を問わず、ボールがゴールラインまたはタッチラインを完全に超えたとき。
審判がプレーを停止したとき。
ボールが天井にあたったとき(一番近いタッチラインから相手ボールのキックインとなる)。
これ以外のときはすべてインプレーとなる。

■試合開始

サッカーでは、スローインでゲームを再開するが、フットサルではタッチラインをボールが超えたとき、またはボールが天井に当たったときは、キックインで試合を再開する。また、キックインから直接ゴールをすることは出来ない。
キックインをするときは、いずれかの足の一部をタッチライン上、またはタッチラインの外のピッチ面につけることが必要。
守備側のチームの競技者は、キックインを行う地点から5m以上はなれる必要があるが、キックインする人と同じチームの競技者は5m以内にいても良い。
キックインは、ボールを保持してから4秒以内にキックインを行う必要がある。また、その後は誰かがボールに触るまで、キックインした競技者はボールに触れてはいけない。

■ドロップボール

インプレー(ゲームが動いている状態のこと)中に、審判の判断で試合が止まった時は、ドロップボールで再開する。
双方1名ずつの選手が出て、試合が止まった時にボールがあった地点で主審がボールを落とす。ボールが地面についた段階で競技開始となる。

反則と不正行為

■ハンド

手を使っていいのはゴールキーパーだけであるが、自陣ペナルティエリア内のみである。 逆に、手以外ならどこを使ってボールを扱ってもかまわない。

■4秒ルール

フットサルには4秒ルールという特殊なルールがある。
ゲームの進行をわざと遅らせないためのものであり、いろいろな場面で4秒以内にアクションを起こさないと、相手ボールとなる。4秒ルールは、以下の場面で適用される。

・キックイン、フリーキックなどセットプレーの時
・ゴールキーパーが自陣内でボールをキープしている時(手でも足でも)

■バックパス

ゴールキーパーは、自陣ペナルティエリア内において手でボールを扱えるが、味方からの意図的なパスは、手で扱うことが出来ない。また、ゴールキーパーから出されたボールは、相手選手が触れるまでは、自陣にてゴールキーパーに戻すことが出来ない。

■直接フリーキック(直接ゴールを狙えるFK)が与えられるケース

下記の5項目を「不用意に・無謀に・過剰な力」で行なった場合に適用される。

・相手を蹴る、または蹴ろうとする
・相手をつまづかせる、またはつまずかせようとする
・不用意、無謀あるいは過剰な力をもって行われる身体接触
・相手に飛びかかる
・相手を打つ、または打とうとする
・相手を押す、タックルする

次の反則を犯したときにも適用される。

・意図的にGK以外の選手がボールを手で扱ったとき
・相手がボールをプレーしている、あるいはプレーしようとしているときに、スライディングタックルをする

※ペナルティエリア内でのゴールキーパーのスライディングはOK
※スライディングによるシュートブロックなど、相手に向かうスライディングでなければOK

反則の累積

■チーム全体で5つ反則すると6つ目からは壁なしフリーキック

フェアなプレーを行うために、個々人の違反だけでなく、チーム全体としての違反行為を数える。
前半、後半それぞれで、直接フリーキックの対象となる違反行為をチーム単位で数えていき、これが5つを超えて6つ目になったときは、6つ目の直接フリーキックから、相手チームは壁を作れなくなる。

HOME > フットサル基礎知識 フットサルのルール

フットサルパーティーとは

ブログ

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

フットサル会場へのアクセス

フットサル基礎知識

サッカー基礎知識

パーティー参加インタビュー

フットサル婚活めも

フットサルファンいろいろマップ


スポーツ好きとネットで出会える ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから

▲ページトップへ