フットサル上達への道|エクシオのフットサル婚活パーティー

HOME > フットサル基礎知識 フットサル上達への道

フットサル基礎知識 フットサル上達への道

フットサルの技術の基本は、ボールを「しっかり蹴る」ことと「しっかりとめる」ことです。 ボールを自由に操作することが出来れば、プレーの幅が広がり、フットサルが今よりもっともっと楽しくなること間違いなし!

基本プレーの練習


ここでボールを蹴ろう

目標に対して垂直に蹴り出す

■準備運動をする

フットサルは気軽にできるスポーツですが、気軽にできるからといって準備運動をしないのは怪我のもとになります。
フットサルは切り返しの多いスポーツでから、自分が考えている以上に足首に負担が掛かっています。まずは、軽くジョギングしてからストレッチを念入りにしましょう。足の筋はもちろんのこと、手首、足首も念入りにしておきましょう。

■インサイド(足の内側)のキック

インサイドはフットサルでとても重要な役割を果たします。
シュートにもパスにも、トラップにも使います。
インサイドでボールを蹴ることをインサイドキックと言います。これは一番正確なパス、シュートが出来る蹴り方なので、何度も練習しましょう。

まずインサイドキックのポイントは軸足の向きと、蹴る足の振り方です。
軸足の向きは、蹴る方向に軸足を向けて踏み込みます。
蹴る足の振り方は、足の付け根を支点にして振るのではなく、膝を支点にして振り抜きます。

この2点に注意して蹴れば大丈夫です。
ちなみに今の2点はほぼ全てのキックに対しても同じ事が言えます。

インサイドキックを行なうためのコツは次の通りです。

1. 立ち位置は基本的にはボールを蹴る方向と一直線に。
ボールに対して真っ直ぐ入っていくようにします。
2. 軸足はボールの真横のライン上に置く。ボールとの距離は20~30cmほど離し、
つま先は蹴る方向にしっかり向けること。正確なキックで蹴る時はつま先は必ず蹴りたい方向に向ける事が重要。
3. 膝は柔軟性を持たせながら軽く曲げます。どのキックにも言えるが、膝を伸ばしていると身体のバランスも取れずに正確なキックをする事も出来なくなってしまうため注意。
4. 軸足の着地と同時に蹴り足のバックスイングを開始。インサイドキックは正確性を最優先する為のキックなので、蹴り足は大きく振り上げなくてもOK。バックスイングの時点で蹴り足はインパクトの時の形を作るようにしておきます。
5. 蹴る方向に対して直角になるように、つま先を横に向けて真横に開いておきます。この姿勢でカカトを前に出します。つま先を上に向けるようにすると足首はしっかり固定されます。キックの際に必ず直角になるようにようにするのがインサイドキックの蹴り足の正しい形となっています。
6. この「蹴り足を直角に開く」事はかなり不自然な姿勢となるため、練習しないと綺麗に直角にまげて固定は出来ないので注意。直角になるまで開ききれなかった場合は、右利きの場合ボールが左側に、左利きの場合は右側にボールがズレてしまいます。
7. 蹴り足のスイングは振り子と同じように弧を描くように振り切るのがポイント。ボールを蹴るタイミングは蹴り足が最も下を通る位置=軸足の真横で行ない、蹴り足の内側のくるぶしをちょうどボールの中心に来るように蹴り出すとベストなシュートを打つことが出来ます。

■アウトサイド(足の外側)キック

アウトサイドキックは、ドリブルしながらでも小さな動作からすばやくパスを出すことができるキックです。壁パスや、密集した状況でのショートパスや1対1のときなどにも使われることが多く、ドリブルしている動作から無理なく自然にボールを蹴りだすことが出来ます。まずは、インサイドキックと同じように練習した方が良いでしょう。

ボールを置いて1歩下がります。そこから、ボールの横に軸足(蹴らないほうの足)を踏み込みます。蹴る方の足はつま先を内側(内股のような感じ)に向けます。そのまま足の外側で蹴ります。
慣れてきたら動いているボールを蹴りましょう。フェイントと合わせて使うときや、方向転換に使うときは、蹴るというより、乗せる、引っ掛けるという感じに近いと思います。

アウトサイドキックを行なうためのコツは次の通りです。

1. 蹴り足の振り上げ方は、膝下のみで行ないます。振り下ろしの際は軸足の向きと並行になるように振るのが基本の蹴り方です。
2. 足首のスナップを利用する事で、ほとんど足を振り上げずに蹴る事も可能なため、相手を迷わせるために活用出来ます。蹴り方も足を内側寄りにして引き上げて、外側方向に振り下ろすだけなので、短い距離のパスであれば、敵に蹴る方向を見破られにくく、突然出すパスとして非常に効果的な蹴り方になります。
3. アウトサイドキック上達のコツは、足のどの部分に当たったらどのように転がっていくのかを明確にわかるようになること。繰り返し反復練習して方向と回転、そしてボールの高低や強さ等を身体で覚えていく必要があります。

■トゥーキック

トーキック・ヒールキックは、いずれもコンパクトなキック動作からすばやくけり出すキックです。

インパクトはトゥ、ヒールともピンポイントですので飛距離は出しにくいのですが、ドリブルをしているときに相手の意表をついてパスを出せるため、いざというときに役に立つキックです。

トゥーキックはつま先を使ってボールを蹴ります。

足を振り上げずにボールを蹴ることができるため、予備動作が少ないという特徴があります。予備動作が少ないということは動きを読まれにくい、ようするに、タイミングを外せるということです。

トゥーキックの蹴り方ですが、蹴るというよりも「突く」という感じです。真っ直ぐボールの中心に足を突き出す感じで蹴ると、上手に蹴れます。この時に、決して足の指を折りたたんで蹴らないで下さい。逆に足の爪を割る危険があります。

トゥーキックを行うためのコツは以下の通りです。

1. ボールとの距離を測りながら、ボールの真後ろから助走を始めます。
2. 軸足はボールのやや後ろに踏み込み、つま先をける方向に向けます。けり足のつま先を曲げ、真後ろに引きます。バックスイングすることを強く意識しなくてもOKです。
3. けり足は、しっかりつま先を曲げたまま足首を固定し、ヒザから下のすばやい動きで振ってボールの中心を蹴りましょう。軸足のヒザは柔軟にし、両腕でバランスをとります。
4. けり足をインパクトの状態に保ったまま、自然に前方へ振り上げます。

ボールをコントロールする練習

A B
C D

■リフティング

ボールを地面に付けずに蹴り続けることをリフティングと言います。 足の甲や太もも、頭、腰など体のどの部分でもリフティングをすることが出来ます。
このリフティングをすることによって、ボールコントロールの技術が上達します。ボールタッチが軟らかくなり、どれぐらいの強さで蹴れば、どれぐらいボールが飛ぶのかも何となく分かってきます。他にも、ボディバランスが上がりますし、集中力もアップします。

1. まずボールを胸の高さに持ちましょう。(イラストA)
2. 地面にボールをまっすぐに落とします。(イラストA)
3. リラックスしてボールをよく見ましょう。
4. 地面から跳ね返ったボールをすくい上げる感じで軽く蹴りあげて、両手でキャッチします。(イラストB)

〈応用編〉

1. ボールを胸の高さに持ちましょう。
2. パート1よりも少し前に落とします。(イラストC)
3. ボールが地面に着地する前に、つま先をしっかり伸ばして、足の甲で軽く蹴り上げて両手でキャッチ。(イラストD)
4. 慣れてきたら、1回1回キャッチせずに連続して行って下さい。左右、両足ともチャレンジしてみましょう。

■パスの練習

フットサルは「パスをつなぐゲーム」でもあります。フットサルは空きスペースがあまりありません。 ですから、無理にドリブルで突破しようとしても、相手に止められてしまいます。自分の思ったところにパスが出せるようになるように、練習してみましょう。

1. インサイドパス
インサイドキックでのパスを練習します。 インサイドキックはゲーム中最もよく使うので、精度が高ければそれだけで活躍出来ます。
インサイドパスは、パスする相手を確認したら、ボールをよく見て蹴ります。 浮かしてしまうと相手がトラップしにくくなってしまうので、浮かさないことを心がけます。 正確に蹴れるようになってきたら、次はいつもより強く蹴ることを意識しましょう。
2. インステップパス
インステップキックでのパスを練習します。 ゲームの中で、インステップキックでパスをする時は、インサイドキックに比べて距離が遠い場合や、スピードのあるパスを 出したい時に使います。 ですから、練習の時も少し遠目の距離をとってパス交換します。
最初は浮かさないように蹴ることを心がけましょう。 インステップキックは、シュートを打つ場合によく使う蹴り方です。 浮かせてしまえばシュートが枠から外れる可能性が高くなってしまいます。 よって、浮かさないで蹴るインステップキックを練習する必要があります。
3. 浮き球
浮き球は、足の先でボールをすくい上げ、そのまま足を振ることでパスを出します。こうすることで、ふわっとしたパスを出すことが出来ます。 インステップキックでだす浮き球パスは、どうしてもスピードが出てしまうため、コントロールすることが難しくなります。 しかし、この蹴り方であれば、狙い通りの場所にパスを出しやすく、受け手もトラップがしやすくなります。 蹴るようなイメージではなく、サッカーではほとんど使うことの無いパスですので、習得が難しいですが、使えるようになれば プレーに幅が出ますので、トライしてみて下さい。
4. ダイレクトパス
ダイレクトでパスを出す練習をします。 相手が出すパスを、トラップせずにインサイドキックで相手に返します。ダイレクトパスはコントロールするのが難しいので、パスは足を振りぬくよりも、当てることに重点を置きます。 そうすることで、コントロールしやすくなります。

■ドリブルの練習

「ドリブル」といってもゲームの状況の中でいろいろな目的があり、必要とされるものも違ってきます。
キープのドリブルでは、足元にボールを置き、顔を上げること。突破やスペースを付く時のスピードに乗ったドリブルでは、そこから急激なストップや方向転換、状況の変化に応じたプレーの変更などがあります。
ここでは、基本となる『直線ドリブル』と『スラロームドリブル』の練習をご紹介します。

1. 直線ドリブル
10m~15m先にカラーコーンを配置し、ドリブルでターンして戻ってきます。
最初はまっすぐに進む練習をします。ラインを引いて、そのラインを目安にまっすぐ進みます。 そして、どんなドリブルでも、まずは利き足だけで練習します。利き足で十分ドリブルが出来るようになったら、逆足も使ったドリブルを練習しましょう。
2. スラロームドリブル
10m~15mの間にカラーコーンを等間隔に配置し、8の字にドリブルしながら戻ってきます。
はじめは、両足のインサイドを使って8の字に進んでいきます。 片方の足のインサイドから、逆の足のインサイドへとボールを移動させます。 そしてインサイドを使ってボールを前に押し出し、前に進みます。 コーンを一つ超えたら、次にまた逆の足のインサイドにボールを移動させ、ボールを前に押し出して前に進みます。 これを繰り返すことで、ドリブルの方向を左右に変える練習になります。

HOME > フットサル基礎知識 フットサル上達への道

フットサルパーティーとは

ブログ

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

フットサル会場へのアクセス

フットサル基礎知識

サッカー基礎知識

パーティー参加インタビュー

フットサル婚活めも

フットサルファンいろいろマップ

▲ページトップへ