鹿島アントラーズ|エクシオのフットサル婚活パーティー

HOME > Jリーグについて > 鹿島アントラーズ

DIVISION1チーム 鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズは、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。Jリーグ発足時より参加している10クラブの1つ(オリジナル10)。
ホームスタジアムは茨城県立カシマサッカースタジアムで、練習場は鹿島アントラーズクラブハウスグラウンドを使用している。
チーム名の「アントラー」は英語で鹿の枝角を意味し、鹿島神宮の神鹿にちなみ、枝角には茨城県の「茨」という意味合いも含んでおり、その鋭い枝角で勇猛果敢に立ち向かい勝利を目指すという意味も込められている。チーム発足時からクラブのアイデンティティとして「FOOTBALL DREAM」を常に掲げている。クラブマスコットは、クラブ創設時より「しかお」。シカをモチーフにしたキャラクターである。さらに1997年3月2日に「しかお」と結婚したと言う設定で、「しかこ」が登場。1999年8月1日に「しかお」と「しかこ」の間に誕生したと言う設定で「アントン」が登場した。

クラブの前身は1947年に大阪で発足した住友金属工業蹴球同好会。後に、会社から支援を受ける蹴球団となり、日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格して、1975年には茨城県鹿島町(現鹿嶋市)に移転した。1985年にはJSL1部に昇格するものの、定着することはできず、数年ごとに1部と2部を行き来していた。1990年、プロリーグ設立の準備をしていたJFAよりリーグ参加の打診を受けた住友金属は県や自治体に働きかけ、スタジアムの整備などの参加の諸条件をクリアして、Jリーグに参加する10団体のひとつに選ばれた。

1991年にチーム名が「鹿島アントラーズ」に決定し、自治体や地元企業の出資により運営会社の鹿島アントラーズFCが設立された。ブラジル人サッカー選手のジーコらを獲得した鹿島は、1993年にJリーグが開幕すると快進撃を見せ、第1ステージの初代チャンピオンに輝いた。その後も好成績を収め、国内の3大タイトル(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)において、Jリーグ史上最多の15冠(A3チャンピオンズカップ、スーパーカップを含めると21冠)かつそれぞれのタイトルにおいて最多優勝回数を誇るまでになった。
2000年シーズンにはJリーグ、ナビスコカップ、天皇杯と国内3大タイトル全てを制し、Jリーグ発足後初の3冠とJリーグ3連覇(2007年~2009年)を達成している唯一のクラブでもある。
2011年には、3月11日に発生した東日本大震災により被災し、スタジアムやクラブハウス等の施設が大きく損壊したため、3月15日から27日までチームの活動を休止していた。その後、東日本大震災復興支援として水戸ホーリーホックや茨城県サッカー協会と共同で「WITH HOPEプロジェクト」を立ち上げ、茨城県の復興支援活動を開始。6月4日にはカシマサッカースタジアムで「震災復興チャリティーイベント SMILE AGAIN~YELL FROM KASHIMA~」を開催した。

2012年、クラブ史上初のOB監督となるジョルジーニョが就任。
ナビスコカップではクラブ史上初の同大会連覇を達成。
リーグ戦はJリーグ発足後史上初の二桁順位となる最終順位11位でシーズンを終えた。

2013年、監督には2000年から2005年まで指揮を執ったトニーニョ・セレーゾが就任。4月6日の第5節・C大阪戦で、セレーゾがクラブ史上初のリーグ戦通算100勝を達成、5月6日の第10節・湘南戦で歴代監督体制初の公式戦通算150勝を達成した。
リーグ戦は、序盤から夏場にかけてアウェイ戦7連敗や失点が続き、5位で終了。ヤマザキナビスコカップは準々決勝で横浜FMに敗れ、3連覇を逃したが、スルガ銀行チャンピオンシップでは、2006年に鹿島の監督を務めたパウロ・アウトゥオリ率いるブラジルのサンパウロFCを下し、同大会初の連覇を達成した。

ユニフォームのメインカラーは、“アントラーズレッド”。

法人名 (株)鹿島アントラーズ・エフ・シー
呼称 鹿島アントラーズ
クラブ所在地 〒314-0021 茨城県鹿嶋市粟生東山2887
TEL:0299-84-6806(代表)
FAX:0299-84-6825(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:0299-82-5555
アントラーズファンクラブ事務局(10:00~16:00)
活動区域
ホームタウン
ホームスタジアム 茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市
練習グラウンド

・鹿島アントラーズクラブハウスグラウンド
〒314-0021 茨城県鹿嶋市粟生東山2887

チーム名の由来 アントラーズ(ANTLERS)のANTLERは英語で「鹿の枝角」の意味。鹿島神宮の鹿にちなみ、枝角は茨城県の「茨」をイメージしたもの。鹿は親しみのある動物として愛されており、また武器である枝角は鋭く強いもので、勇猛果敢に戦い勝利を目指すチームを意味する
クラブマスコット 愛称「しかお」。鹿島神宮の「鹿」。
1997年3月2日「しかこ」と結婚。1999年8月1日男の子「アントン」誕生
クラブカラー ディープレッド
Jリーグ加盟年 1991年
タイトル

【J1リーグ戦】
優勝:8回(1996、1998、2000、2001、2007、2008、2009、2016)

[ステージ優勝]
5回(1993S、1997 1st、1998 2nd、2000 2nd、2001 2nd)

【リーグカップ戦】
優勝:5回(1997、2000、2002、2011、2012)、準優勝:3回(1999、2003、2006)

【天皇杯】
優勝:4回(1997、2000、2007、2010)、準優勝:2回(1993、2002)

【A3チャンピオンズカップ】
優勝:1回(2003)

スルガ銀行チャンピオンシップ
優勝:2回(2012・2013)

アカデミー(育成) ・U-18 鹿島アントラーズ・ユース
・U-15 鹿島アントラーズ・ジュニアユース
・U-12 鹿嶋アントラーズ・ジュニア
主力選手

■金崎 夢生 Mu KANAZAKI
背番号:33 ポジション:MF 身長 / 体重:180cm/70kg 生年月日:1989/02/16

■小笠原 満男 Mitsuo OGASAWARA
背番号:40 ポジション:MF 身長 / 体重:173cm/72kg 生年月日:1979/4/5

■遠藤 康 Yasushi ENDO
背番号:25 ポジション:MF 身長 / 体重:168cm/69kg 生年月日:1988/04/07

HOME > Jリーグについて > 鹿島アントラーズ

フットサルパーティーとは

ブログ

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

フットサル会場へのアクセス

フットサル基礎知識

サッカー基礎知識

パーティー参加インタビュー

フットサルファンいろいろマップ

▲ページトップへ