川崎フロンターレ|エクシオのフットサル婚活パーティー

HOME > Jリーグについて > 川崎フロンターレ

DIVISION1チーム 川崎フロンターレ

川崎フロンターレは、日本の神奈川県川崎市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
ホームタウンは神奈川県川崎市。ホームスタジアムは中原区の等々力陸上競技場。練習は同市内麻生区の川崎フロンターレ麻生グラウンドを使用する。

フロンターレとはイタリア語で「正面の」「前飾り」の意。常に最前線で挑戦しつづけるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表現したもの。加えて、日本の正面に位置する臨海都市「川崎」とともに歩んでいく思いが込められている。

クラブの前身となったのは、1955年に川崎市で創部された「富士通サッカー部」。1967年から関東社会人リーグに参加し、1972年には日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格した。その後、1部に昇格したものの数年で降格し、1992年にはJSLが終了した。同年にスタートしたJFLの1部に参加。1996年よりJリーグへの参加を目指し、川崎市を本拠地としてクラブ名を「富士通川崎フットボールクラブ」と改め、運営会社の「富士通川崎スポーツマネジメント株式会社」を設立した。翌1997年に「川崎フロンターレ」と改称し、さらにJリーグ準会員加盟が認められた。

1997年のJFLでは3位となり、Jリーグ昇格を逃した。1999年よりJリーグが2部制に移行するためJリーグ参加は内定していたが、1998年にJFLで準優勝し、Jリーグ準会員クラブとしてJ1参入戦への参加資格を得た。しかし、参入戦で敗れ、1999年はJ2からの参加となった。J2初年度となった1999年11月5日の鳥栖戦(等々力)に勝利し、J2の2位以内を確定して悲願のJ1昇格を果たし、11月8日にJ2優勝も決めた。また、5月に練習場が東京都稲城市の富士通南多摩工場の敷地内の「富士通南多摩グラウンド」から、川崎市麻生区片平にある麻生グラウンドに移転。さらに市内全体での広報活動を強化し、川崎市も市民後援会を発足させた。
翌2000年はJ1で年間順位最下位となりJ2へ降格。2002年に運営会社名を現在のものに改め、より地元との結び付きを強くさせた。2003年に勝ち点差1で昇格を逃すものの、翌2004年には圧倒的な強さで優勝し、J1に復帰した。J1復帰2年目の2006年よりクラブは躍進、リーグ戦で好成績を収め、ACLに出場するなど、強豪クラブの仲間入りを果たしている。
2007年の日本代表では、7月のAFCアジアカップで中村憲剛が準決勝まで5試合連続で先発起用された。また、GK川島もこの大会に招集された他、代表候補合宿には森勇介と黒津勝も初招集された(正式メンバー登録はならず)。FW鄭大世は本人が強く希望していた北朝鮮代表に初選出され、6月の東アジアサッカー選手権2008予選大会では3試合8得点で得点王となり、翌年2月の本大会進出に貢献した。
2010年には、6月から7月にかけて行われた2010 FIFAワールドカップで日本代表に川島永嗣、稲本潤一、中村憲剛の3人が選出され、川島は日本の全4試合にフル出場し、ベスト16進出に貢献した。また稲本と中村もそれぞれ1試合出場した。北朝鮮代表には鄭大世が選出された。
出場選手はワールドカップでの活躍の後の7月、川島がベルギー1部のリールセSKへ、鄭がドイツ2部のボーフムへ移籍した。

2012年、開幕2連勝と順調なスタートを切ったが、その後は公式戦5戦勝ちなしと低迷。中盤こそ故障者が多発したことや決定力不足により苦戦した時期もあったが、11月7日の浦和戦で4対2で勝利した試合から、シーズン終了まで3勝1分と負け無しでシーズンを終える。一時期は残留争いに巻き込まれながらも、最終的には前年を上回る8位でフィニッシュした。

2013年、ナビスコカップでは、2010年以来3シーズンぶりに決勝トーナメント進出を果たした。決勝トーナメントに進出したが準決勝の浦和戦ではホーム・等々力での2失点が響いて、2戦合計3-3(アウェーゴール数だけなら0-2)で敗退した。
リーグ戦前半戦終了時には首位広島と勝点差8の7位だったが、最終節には首位だった横浜をホームで破り、横浜を首位から引きずり下ろすと同時に自らは3位に浮上、AFCチャンピオンズリーグ2014出場権を獲得した。天皇杯では、4年ぶりにベスト8に入る。

ユニフォームのメインカラーは、“青”と“黒”。

法人名 (株)川崎フロンターレ
呼称 川崎フロンターレ
クラブ所在地 〒213-0013 神奈川県川崎市高津区末長1331-1
TEL:044-829-3011(代表)
FAX:044-813-8619(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:044-829-3011
(10:00~18:00/土・日・祝日は休み ※ホームゲーム等開催日の翌週月曜日は休業日)
(株)川崎フロンターレ
活動区域
ホームタウン
神奈川県/川崎市
ホームスタジアム 等々力陸上競技場
練習グラウンド

・川崎フロンターレ麻生グラウンド
〒215-0023 神奈川県川崎市麻生区片平字金井原1517-10

チーム名の由来 フロンターレとはイタリア語で「正面の」「前飾り」の意。常に最前線で挑戦しつづけるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表現したもの。加えて、日本の正面に位置する臨海都市「川崎」とともに歩んでいく思いが込められている
クラブマスコット 愛称「ふろん太」。
イルカをモチーフにしたマスコット
クラブカラー サックスブルー、ブラック、ホワイト
Jリーグ加盟年 1999年
タイトル

【J2リーグ戦】優勝:2回(1999、2004)

【リーグカップ戦】準優勝:3回(2000、2007、2009)

アカデミー(育成) ・U-18 川崎フロンターレU-18
・U-15 川崎フロンターレU-15
・U-12
 川崎フロンターレU-13
 川崎フロンターレU-12
 川崎フロンターレU-10
主力選手

■大島 僚太 Ryota OSHIMA
背番号:10 ポジション:MF 身長/体重:168cm/64kg 生年月日:1993/1/23

■中村 憲剛 Kengo NAKAMURA
背番号:14 ポジション:MF 身長/体重:175cm/66kg 生年月日:1980/10/31

■小林 悠 You KOBAYASHI
背番号:11 ポジション:FW 身長/体重:178cm/73kg 生年月日:1987/9/23

HOME > Jリーグについて > 川崎フロンターレ

フットサルパーティーとは

ブログ

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

フットサル会場へのアクセス

フットサル基礎知識

サッカー基礎知識

パーティー参加インタビュー

フットサル婚活めも

フットサルファンいろいろマップ


スポーツ好きとネットで出会える ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから

▲ページトップへ