大分トリニータ|エクシオのフットサル婚活パーティー

HOME > Jリーグについて > 大分トリニータ

DIVISION2チーム 大分トリニータ

大分トリニータは、日本の大分市、別府市、佐伯市を中心とする大分県全県にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
ホームタウンは大分市、別府市、佐伯市を中心とした大分県全県。ホームスタジアムは大分銀行ドーム(大分ビッグアイ)。練習場は大銀ドームに隣接する大分スポーツクラブを主に使用している。運営法人は株式会社大分フットボールクラブであり、1999年にJリーグへ加盟した。
クラブ名は、三位一体を表す英語「トリニティ(Trinity)」とホームタウン名「大分(Oita)」を合わせた造語で、イタリア語で「三位一体」を表すTrinitaと同じ綴りになっている。県民・企業・行政が一致団結することを表している。
2006年、エンブレム、ロゴマーク、チームフラッグが「Tフレアー」と呼ばれるデザインコンセプトにより一新され、クラブとしての略称「大分FC」が「FC大分」に変更された。運営法人名とは無関係。クラブマスコットは、一歩一歩確実に前へと進む「カメ」をモチーフにした亀のニータン。サッカーボールをイメージした甲羅の背中には、大分県を背負い、その歩みの先の「勝利」に向かって着実に「1等賞」を目指す。

1994年4月に任意団体「大分フットボールクラブ」として発足。競技登録上のチーム名は「大分」または「大分FC」で、「大分トリニティ」という愛称が付けられる。大分県社会人サッカーリーグと九州サッカーリーグを連覇して1996年に全国地域サッカーリーグ決勝大会で2位に入り、設立わずか2年でジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ昇格した。1999年1月、運営法人「株式会社大分フットボールクラブ」を設立。1999年から発足したJリーグ ディビジョン2に初年度からの参加が決まった。なお、「トリニティ」の名前が商標登録の関係で正式なチーム名として使えないため、Jリーグ加盟と同時に「大分トリニータ」へ改称した。2002年は序盤から首位を独走してJ2優勝を決め、J1昇格を果たした。また、最終節で史上初のJ2通算100勝を達成した。2003年~2008年はJ1残留を果たし、特に2008年には守備陣が好調を保ち、リーグトップレベルの堅守を見せ、J1過去最少の24失点を記録した。その堅守を武器にナビスコ杯でクラブ初の予選突破を果たすと、勢いそのままに勝ち上がり優勝を果たし、クラブ初そして九州のチーム初のタイトルを獲得。また、J2からスタートしたチームとしてはFC東京に次ぎ5年ぶり、西日本のチームとしても前年のG大阪に続いての制覇となった。一方リーグでも終盤まで優勝争いを演じ、チーム最高の4位でシーズンを終え、ナビスコ杯制覇も含め、クラブとして大きく成長した。一方、リーグでも終盤まで優勝争いを演じ、チーム最高の4位でシーズンを終え、前述のナビスコ杯制覇も含めクラブとしても大きく成長した。
しかし、一転して2009年シーズンは前半戦の不調が響き、8シーズンぶりのJ2降格が決定。2010年、2011年はJ2に戦いのフィールドを移したが、思うような成績が残せていない。

2012年、3連敗以上の連敗をしないなどシーズンを通じて安定した戦いを見せ、第18節以降J1昇格プレーオフ圏内である6位以内を最終節までキープした。11月18日、アウェーの西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で迎えたプレーオフ準決勝・京都戦では森島が自身初となる1試合4ゴールを決める活躍を見せ4-0と圧勝。同月23日の国立競技場での決勝・千葉戦では後半41分に挙げた林丈統のゴールを守り切って1-0で勝利を収めた。これにより2009年以来4年ぶりのJ1復帰を果たすとともに、「J1昇格プレーオフでの昇格第1号」のクラブとなった。また、J2・6位のクラブがJ1に昇格をするのも史上初となる。

2013年、J1リーグ戦は第8節終了時以降最下位から抜け出せず、ホームで5分15敗とJリーグ史上初のホームゲーム未勝利の不名誉な記録を残し、J2リーグへの降格となった。天皇杯はクラブ史上初のベスト8。

ユニフォームのメインカラーは“ブルー”。

法人名 (株)大分フットボールクラブ
呼称 大分トリニータ
クラブ所在地 〒870-0126 大分県大分市大字横尾1629
TEL:097-554-2250(代表)
FAX:097-554-2280(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:097-554-2250
(9:00~18:00/月~金/土・日・祝日は休み。ホームゲーム等開催日の翌週月曜日は休業日)
(株)大分フットボールクラブ
活動区域
ホームタウン
大分県/大分市、別府市、佐伯市を中心とする全県
ホームスタジアム 大分銀行ドーム
練習グラウンド

・大分スポーツクラブ
〒870-0125 大分県大分市大字松岡6841

・大分スポーツ公園総合競技場 サッカー・ラグビー場
〒870-0126 大分県大分市大字横尾1351

チーム名の由来 クラブの運営の3本柱である県民、企業、行政を表す三位一体(英語でトリニティ、Trinity)に、ホームタウン大分(Oita)を加えた造語
クラブマスコット 愛称「ニータン」。
一歩一歩確実に前へと進む「カメ」がモチーフ。サッカーボールをイメージした甲羅に大分県の地図を背負い、その歩みの先の勝利、そして世界を目指す。
クラブカラー ブルー、イエロー
Jリーグ加盟年 1999年
タイトル

【J2リーグ戦】優勝:1回(2002)

【リーグカップ戦】優勝:1回(2008)

アカデミー(育成) ・U-18:大分トリニータU-18
・U-15:大分トリニータU-15、大分トリニータU-15宇佐
・U-12:大分トリニータU-12
主力選手

■鈴木 義宜 Yoshinori SUZUKI
背番号:5 ポジション:MF 身長 / 体重:184cm/74kg 生年月日:1992/9/11

■後藤 優介 Yusuke GOTO
背番号:9 ポジション:MF 身長 / 体重:170cm/69kg 生年月日:1993/4/23

HOME > Jリーグについて > 大分トリニータ

フットサルパーティーとは

ブログ

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

フットサル会場へのアクセス

フットサル基礎知識

サッカー基礎知識

パーティー参加インタビュー

フットサル婚活めも

フットサルファンいろいろマップ

▲ページトップへ