ロアッソ熊本|エクシオのフットサル婚活パーティー

HOME > Jリーグについて > ロアッソ熊本

DIVISION2チーム ロアッソ熊本

ロアッソ熊本は、日本の熊本県熊本市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。ホームタウンは熊本県熊本市、ホームスタジアムは熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)をメイン、熊本市水前寺競技場を準メインとして両競技場で試合を開催している。2004年12月に設立された株式会社アスリートクラブ熊本が運営会社。
チームの愛称であるロアッソ(ROASSO)は、イタリア語で赤を意味する「ロッソ」と、同じくイタリア語でエースを意味する「アッソ」を組み合わせた造語である。また熊本のシンボルである雄大な阿蘇山の意味も含んでいる。クラブカラーともなっている赤は、火の国熊本をイメージしている。エンブレムのデザインは暴れ馬と赤い盾。馬はフィールドを駆ける選手、盾はそれを支えるサポーターを表す。なお、盾の形は熊本県のマークからイメージした物である。エンブレム中の「馬」は熊本の伝統的な祭事に古くから関わる、地元の最も象徴的な動物である。マスコットキャラクターはロアッソくん であり、2008年に誕生した。

クラブの母体となったのは、1969年に創部された日本電信電話公社熊本サッカー部。親会社の組織形態の変遷に沿ってチーム名が変遷する傍ら、九州サッカーリーグで6度の優勝を果たすなど実績を残し、2002年からは「アルエット熊本」の名称でクラブチームとなった。
2004年に発足した「熊本にJリーグチームを」県民推進運動本部は、プロサッカークラブを発足させるに際して、アルエット熊本を中核とする方針を決定。熊本にJリーグクラブを作ろうという有志が呼びかけて、熊本県内の企業数十社がスポンサーとして支援を行い、2004年12月に運営会社となる株式会社アスリートクラブ熊本(AC熊本)が設立され、2005年2月にAC熊本が運営するプロサッカークラブとしてロッソ熊本が誕生した。なお、2008年に商標権の問題で「ロアッソ熊本」へ改称した。
2007年、2007年4月、オフィシャルサポーターズクラブ『ロッソ熊本サポーターズクラブ』が設立。9月27日、Jリーグ加盟の申請書をJリーグに提出。リーグ戦では最終的に2位となり、12月3日のJリーグ臨時理事会で2008年度からのJリーグ加盟が決定し、熊本初のプロスポーツチーム、かつ日本最南のJリーグクラブが誕生した。
2008年・2009年とJ2ではリーグ戦は下位にとどまったが、2010年はJ1所属の千葉との開幕戦で引き分けて以降、開幕から5戦負け無しで一時は3位まで浮上。シーズンを通して2桁順位に一度も落ちる事無く終盤まで昇格争いに加わり、過去最高の7位でシーズンを終了、目標としていた10位以内を達成した。しかし、2011年度はシーズンを通して3点以上得点した試合が全く無く、チームの総得点は33点で2011年のJ2リーグ20チーム中最低を記録し、昨年よりも下位となる11位で終了した。

2012年、第2節のホーム開幕戦の鳥取戦でシーズン初勝利を挙げ9位となるが、第7節から第15節まで9試合無勝利となるなど、開幕から15試合で2勝6分7敗と低迷、一時は19位にまで順位を下げた。第34節ホーム大分戦から第38節ホーム町田戦までクラブ史上初のリーグ戦5連勝(公式戦である天皇杯の仙台戦を含めると6連勝)したが、最終成績はクラブワーストタイの14位となり、シーズン終了後に高木は監督を退任した。天皇杯では、ホームで開催された2回戦で岐阜を延長戦の末4-3で下し、3回戦でJ1で首位争いをしていた仙台に勝利し、クラブ史上初の4回戦進出を果たした。

2013年、開幕2戦を連敗後、第10節には、順位も20位と低迷。7月10日、成績不振で吉田監督が退任。また、池谷社長が兼務で代行監督に就任。巻き返しをはかったが、最終順位は過去ワーストの19位で終わる。年間入場者数は、昨シーズンより6.3%上回った。天皇杯は3回戦で敗退。シーズン終了後、池谷社長が監督代行から退任した。

ユニフォームのメインカラーは“赤”。熊本の燃える情熱を表し、情熱と勝利の意欲を表している。

法人名 (株)アスリートクラブ熊本
呼称 ロアッソ熊本
クラブ所在地 〒862-0954 熊本県熊本市神水2丁目10-10 片岡ビル
TEL:096-283-1200(代表)
FAX:096-283-1300(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL: 096-283-1200
(9:30~18:00/火~土/祝日除く)
(株)アスリートクラブ熊本
活動区域
ホームタウン
熊本県/熊本市
ホームスタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
練習グラウンド

・熊本県民総合運動公園内施設
〒861-8012 熊本市平山町2776

・大津町運動公園内施設
〒869-1217 熊本県菊池郡大津町森1000

・熊本市水前寺競技場
〒862-0950 熊本市水前寺5-23-3

・七城町サッカー場
〒861-1354 熊本県菊池市七城町菰入442-1

チーム名の由来 熊本を象徴する「阿蘇山」や「火の国熊本」から、熊本の燃える情熱を表す赤のイタリア語「ロッソ」と、イタリア語で「アッソ」=「エース」「唯一の」を含んだ造語で、Jリーグでもエースとなりうるナンバー1のチームを目指す決意をチーム名とした
クラブマスコット 愛称「ロアッソくん」。
熊本の伝統や自然を象徴する「馬」をモチーフに擬人化したマスコット
クラブカラー
Jリーグ加盟年 2008年
アカデミー(育成) ・U-18:ロアッソ熊本ユース
・U-15:ロアッソ熊本ジュニアユース
主力選手

■片山 奨典 Syosuke KATAYAMA
背番号:7 ポジション:DF 身長 / 体重:169cm/68kg 生年月日:1983/9/8

■巻 誠一郎
背番号:36 ポジション:FW 身長 / 体重:184cm/81kg 生年月日:1980/8/7

HOME > Jリーグについて > ロアッソ熊本

フットサルパーティーとは

ブログ

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

フットサル会場へのアクセス

フットサル基礎知識

サッカー基礎知識

パーティー参加インタビュー

フットサル婚活めも

フットサルファンいろいろマップ


スポーツ好きとネットで出会える ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから

▲ページトップへ