浦和レッズ|エクシオのフットサル婚活パーティー

HOME > Jリーグについて > 浦和レッドダイヤモンズ

DIVISION1チーム 浦和レッドダイヤモンズ

浦和レッドダイヤモンズは、日本の埼玉県さいたま市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。略称は「浦和レッズ」。
Jリーグ発足時より参加している10クラブの1つ(オリジナル10)。ホームタウンは埼玉県さいたま市。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002およびさいたま市浦和駒場スタジアムを、練習グラウンドは大原サッカー場を使用している。Jリーグ開幕時から熱烈なサポーターを擁し、21世紀に入ってからは戦力や環境の整備を図り、Jリーグトップの観客動員と営業収入を誇る。
クラブ名の「浦和」はクラブ発足当時の市の名前から。「レッドダイヤモンズ」は親会社である三菱自動車のマークや浦和を舞台にした梶原一騎原作の漫画「赤き血のイレブン」などに由来し、ダイヤモンドの最上の輝き、何物にも傷つけられない強さ、固い結束力がこの愛称にこめられています。

クラブの前身は1950年に兵庫県神戸市で創部された中日本重工業サッカー部。後に東京に移転して三菱重工業サッカー部となり、1965年からは日本サッカーリーグ(JSL)に参加。4度の優勝を数えるなど強豪チームのひとつとなる。1990年より三菱自動車工業サッカー部と改称した。1993年のJリーグ開幕にあたって、浦和市は地元クラブの発足を構想し、幾つかの企業チームに打診していたが、交渉は上手くいかなかった。一方で、三菱自工はJリーグに参加するための本拠地を探していたところ、両者の思惑が一致し、浦和市を本拠地として「三菱浦和フットボールクラブ」、愛称「レッドダイヤモンズ」がJリーグへの参加を果たした。

Jリーグ開幕後は、2年連続で最下位となるなど成績が振るわず、1999年には16クラブ中15位となり、J2への降格が決定した。しかし1年でJ1に返り咲くと、その後はJリーグ最多の観客動員数に基づく営業収入等により大型補強や環境整備を行い、徐々にトップレベルのクラブへと成長して行った。
埼玉県内における浦和レッズがもたらす経済波及効果は、年間127億円(2006年度ベース)と言われ、そのうち直接効果はクラブの支出68億55百万円とサポーターの交通費・飲食代21億25百万円の合計89億80百万円となり、一次波及効果は16億74百万円、二次波及効果が20億65百万円で、経済波及効果の合計は127億19百万円と算出されている。
2006年にはリーグ優勝を遂げ、翌2007年にはACLを日本のクラブで初めて制覇、2011年度のナビスコカップでは、決勝で延長戦の末鹿島に0-1で敗れ準優勝となったが、この大会で4得点を挙げたデスポトビッチが得点王となった。

2012年、監督に昨シーズンまで約6年間にわたり広島を指揮していたミハイロ・ペトロヴィッチが就任。開幕戦で広島に0-1で敗れてリーグワーストとなる開幕戦5年連続完封負けとなったが、ホーム開幕戦では前年王者の柏に1-0で勝利。その後はここ数年リーグ戦で勝利のなかった鹿島・清水・神戸・G大阪に勝利するなど順調に勝ち点を積み上げていき、前半戦を勝ち点30(8勝6分3敗)の3位で折り返した。最終的には3位に位置し、2008年シーズン以来5年ぶりとなるACL出場権を獲得した。

2013年、ペトロヴィッチ体制2年目。開幕戦で前年王者の広島に勝利し、2008年から続いていた開幕戦の連敗を止めてクラブ史上初のアウェーゲームでの開幕戦勝利を達成。その後は、首位に3度までも勝点差1まで迫り優勝争いに絡んだものの最終4節未勝利で6位に後退、ACL出場権を逃した。ヤマザキナビスコカップは2年ぶり5回目の決勝進出を果たしながら柏に0-1で敗れ準優勝と、国内三冠も射程圏内でありながら結局無冠でシーズンを終える。

ユニフォームのメインカラーは“赤” 。

法人名 (株)三菱自動車フットボールクラブ
呼称 浦和レッズ
クラブ所在地 〒336-8505 埼玉県さいたま市緑区中野田500
TEL:048-812-1001(代表)
FAX:048-812-1212(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:03-5777-8600
ハローダイヤル(8:00~22:00)

TEL:0570-02-9111
チケットぴあ(10:00~18:00)
活動区域
ホームタウン
埼玉県/さいたま市
ホームスタジアム ・埼玉スタジアム2002
・さいたま市浦和駒場スタジアム
練習グラウンド

・さいたま市大原サッカー場
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原3-4

チーム名の由来 「ダイヤモンド」がもつ最高の輝き、固い結束力をイメージし、クラブカラーの「レッド」と組み合わせた名称。2001年5月にホームタウンが「さいたま市」となったが、それまでの「浦和市」の名称をそのまま使用。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、多くのファン・サポーターからは「浦和レッズ」の呼称で親しまれている。
クラブマスコット 愛称「レディア」。
1992年、当時のチーム名「三菱浦和フットボールクラブ」のアルファベットの頭文字「MUFC」を縦に並べて開発された架空の動物。1997年1月「フレンディア」と結婚。レッズがJリーグ初制覇を果たした2006年12月2日の夜、双子の兄妹「シャーレくん」・「ディアラちゃん」が誕生
クラブカラー レッド
Jリーグ加盟年 1991年
タイトル

【J1リーグ戦】優勝:1回(2006)

[ステージ優勝]:1回(2004 2nd)

【リーグカップ戦】優勝:1回(2003)
準優勝:3回(2002、2004、2011)

【天皇杯】優勝:6回(1971、1973、1978、1980、2005、2006)準優勝:3回(1967、1968、1979)

【日本サッカーリーグ】優勝:4回(1969、1973、1978、1982)2位:6回(1970、1971、1974、1975、1976、1977)

【AFCチャンピオンズリーグ】優勝:1回(2007)

【FIFAクラブワールドカップ】3位:1回(2007)

アカデミー(育成) ・U-18 浦和レッズユース
・U-15 浦和レッズJrユース
主力選手

■西川 周作 Shusaku NISHIKAWA
背番号:1 ポジション:GK 身長 / 体重:183cm/81kg 生年月日:1986/6/18

■柏木 陽介 Yosuke KASHIWAGI
背番号:10 ポジション:MF 身長 / 体重:175cm/68kg 生年月日:1987/12/15

■興梠 慎三 Shinzo KOROKI
背番号:30 ポジション:FW 身長 / 体重:175cm/72kg 生年月日:1986/7/31

HOME > Jリーグについて > 浦和レッドダイヤモンズ

フットサルパーティーとは

ブログ

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

フットサル会場へのアクセス

フットサル基礎知識

サッカー基礎知識

パーティー参加インタビュー

フットサル婚活めも

フットサルファンいろいろマップ

▲ページトップへ